VPSデジタル生産準備

VPS

概要

VPSは、実機の代わりに3次元デジタルデータを用い、生産準備部門が設計から製造にいたる衝(かなめ)となり、組立業務を主体としたモノづくり検証と伝達を支援し、モノづくりの品質向上と原価低減に貢献します。

さらに、現場で培われたノウハウを電子データとして蓄積し、次の「モノづくり」に活用することで、ドラスティックな企業競争力の向上が図れます。

生産準備

量産のための生産準備作業は、前工程の遅れなどでどうしても納期ギリギリになりがちです。
VPSでは、設計の早期段階から製造部門での検討が可能となり、組立時の不具合や改善要求を早い段階で設計部門に伝えることができます。

工場事情や製造性を十分に考慮した製品開発の推進が可能となります。

組立手順検討
組立手順検討(※1)
組立性検討
組立性検討 (工具チェック)
工程分割、リソース割当て
工程分割、リソース割当て
作業者教育 (アニメーション作製)
作業者教育 (アニメーション作製)

設計

設計途中に複雑な機構を確認したい場合など、VPSを活用することで簡単に検証することが可能です。機構設定はウィザード形式で簡単に設定できます。また、大規模なモデルでも独自の軽量化システムにより快適に操作することができます。

断面検証
断面検証 (※1)
製品可動部検証
製品可動部検証
ハーネス検証
ハーネス検証
作業検証
作業性検証

試作・実機検証

3次元データを使って仮想メカを作成し、実機がない段階から組み込みソフトのデバッグや動作確認を行うことで、設計期間短縮や試作機の削減を実現します。
また、メカ部門とのコミュニケーション手段としても活用できます。

さらに詳細な情報は、こちらをご覧ください。

※1
掲載されている画像のデータは、京セラドキュメントソリューションズ株式会社様のご提供によります。

VPSは、富士通株式会社の商標です。
その他、記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

  • 資料請求フォーム
  • 製品に関するお問い合わせ
このページの上へ