Solid Edge3次元化の効率向上を図るためのミッドレンジ3次元CADシステム

新着情報

概要

Solid Edgeは、PLM系大手企業シーメンスPLMソフトウェアが開発・提供してるCAD/CAM/CAE/PDMの統合PLMシステム「Velocity Series」製品の中核となるミッドレンジクラスの3次元CADです。

用途

Solid Edgeは、成形部品や鋳物などを作成するような機械設計に適しています。操作性とコストパフォーマンスに優れているため、短期間で3次元環境を構築したい方やハイエンドCADほどの機能は必要なく、導入コストを抑えたいとお考えの方に最適です。

効果

Solid Edgeを使うことで、シンクロナス・テクノロジによる設計効率の改善、JTデータ形式を使ってのマルチCAD環境でのデータ流用、トップクラスの製図機能による文書化コストの削減が可能になります。

主な特徴

  • シンクロナステクノロジ搭載
  • データ流用性の向上
  • ミッドレンジ随一の図面機能
  • Teamcenterによるコラボレーションの促進

シンクロナステクノロジ搭載

シンクロナステクノロジ搭載

シンクロナステクノロジにより、直感的で効率的な形状変更を実現します。シンクロナステクノロジを使うことで、CADデータのヒストリを意識せずに形状をダイレクトに編集でき、設計変更のスピードを阻害するモデルの再計算が不要になります。

データ流用性の向上

データ流用性の向上

シーメンスPLMソフトウェアが開発したViewerデータの業界標準フォーマット形式であるJTデータを使って、マルチCAD環境でのデータ流用が可能になります。

Solid Edgeは、JTはもちろん、標準でさまざまなCADデータ形式に対応しており、ほかのCADで作成した3Dデータでもシンクロナステクノロジで形状編集ができます。

直接読み込みが可能なデータ
JT、DWG 、DXF、Solid Works、Pro/E、NX

また、2次元CADで作成した図面データを取り込みシンクロナステクノロジを活用して3次元化することで、2次元資産を有効活用できます。

ミッドレンジ随一の図面機能

ミッドレンジ随一の図面機能

多くの製造業の現場で実証されたSolid Edgeの図面作成機能は、JIS準拠の作図・寸法記入、2次元レイアウトなど、豊富な機能を備えています。2次元CADユーザーでもすぐに使いこなせる使い勝手のよいインタフェースで構成されています。

Teamcenterによるコラボレーションの促進

Teamcenterは、世界で最も広く使用されているNo.1 PLMシステムです。そのTeamcenterとSolid Edgeを接続するための専用アプリケーション。
「Solid Edge Embedded Client (SEEC)」を使用することで、Solid Edgeで作成された設計情報をTeamcenter環境内で収集、管理、共有することができます。 これにより、データの一元管理と版番管理が可能になり、円滑なチーム設計を実現します。

  • 資料請求フォーム
  • 製品に関するお問い合わせ
このページの上へ