リバースエンジニアリングサービス現物のデジタルモデル化を支援

新着情報

概要

製品開発の過程ではデザインモデルや試作品、型や製品などの「モノ」が多く存在します。
意匠性の高いデザインモデルは流線的な形状が多く、これを寸法などで具現化するのは非常に困難です。
そのため発砲やクレイなどで現物モデルを作成し最終形状を完成します。また、高い性能を追及しながら部品そのものに微小な変更を加えると、その形状を製品に反映させる必要があります。

このように「現物」がマスターモデルとなる場合、それを3次元データ化しなければならず、そのニーズや用途は様々です。DIPROではお客様のご要望や用途にあわせ、現物からのデジタルモデル化をご支援いたします。

現物からのデジタルモデル化

現物からのデジタルモデル化

デジタルモデル化の特長とメリット

現物のデジタルモデル化でエンジニアリング活用が拡がります。

デジタルモデル化の特長とメリット

掲載されている製品写真は、Siemens Product Lifecycle Management Software Inc.のご提供によります。
記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

  • 資料請求フォーム
  • 製品に関するお問い合わせ
このページの上へ