モデルベース開発(MBD)支援サービス

新着情報

概要

制御システムの開発において、仕様やロジックの妥当性を「モデル」を用いて早期に検証する「モデルベース開発」(MBD : Model Based Development)が増々重要になっています。
このMBDの領域において、2つのお客さま支援サービスを行います。

メカ・制御達成シミュレーション

メカの3D機構モデルと、制御モデルを連成(連動)させたシミュレーションを支援します。
このシミュレーションにより以下が可能になります。

  • メカトロシステムの仕様を、システム全体として早期に可視化・検証・確定
  • メカ部門、制御部門の共通ツールによる協調開発
MATLAB/Simulink, Stateflow で制御モデルを作成し、 NX/Motionで作成した車両ドアの
ガラス昇降機構モデルとの連動シミュレーションをした例

パラレルリンク・ロボットの機構をNX/Motionでモデル化し、 MATLAB/Simulink,
Stateflowの制御モデルとの協調シミュレーションをした例

支援内容は次の通りです。

  • 3D CAEを活用した制御対象モデル(プラントモデル)の精度向上
  • メカ特性と制御特性の相互作用を考慮した全体最適設計のご支援
  • モデルの作成(3D機構モデル、プラントモデル、制御モデル)
  • 受託シミュレーション

プラントモデル・制御モデル作成支援

MILS / SILS / HILSにおけるプラントモデル作成支援を行います。
またMILSにおける制御モデルの開発支援も行います。

事例(実績)

モデルベース開発(MBD)支援サービスの実績(例)は以下です。

  • 自動車スライド・ドアの、メカ・制御連成シミュレーション
  • 特殊車両の開発支援(プラントモデル作成、制御システム開発)
  • 自動車部品生産システムのシミュレーション(プラントモデル作成、制御モデル作成)
  • 電気自動車の制御システムのMBD支援

記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

  • 資料請求フォーム
  • 製品に関するお問い合わせ
このページの上へ