LS-DYNA非線形動的構造解析ソフトウェア

概要

衝突/衝撃、落下、塑性加工、貫通/亀裂/破壊。 世界トップクラスの実力が解決します。
近年、安全性や高品質化といった要求から、より複雑で大規模な現象のシミュレーションが求められてきています。
LS-DYNAは、陽解法により構造物の大変形挙動を時刻履歴で解析するプログラムで、衝突/衝撃解析、落下解析、塑性加工解析、貫通/亀裂/破壊解析などに威力を発揮し、これらの分野では世界有数の導入実績を誇る信頼性の高いプログラムです。従来、別のプログラムとして提供してきたLS-NIKE3Dの陰解法解析機能を一体化し、塑性加工の成形解析とスプリングバック解析の様に2つの解法の長所を生かした解析の一括処理が可能になりました。

世界トップクラスの機能と優れた性能を、パソコン、ワークステーションからスーパーコンピュータまで幅広い環境で実現し、自動車、機械、電機/精密機器、重工業、土木/建設などのさまざまな分野で製品の安全性対応や高品質化に利用されています。

製品コンセプト

一回の解析計算の実行で、マルチフィジックスに関わる問題のマルチステージの現象を解明することを可能にします。そのために、高度な過渡的非線形問題を解法するための大規模コードに中にマルチフィジックスの能力を結集します。

  • 完全な2次元・3次元の能力
  • 陽解法ソルバ
  • 陰解法ソルバ
  • 熱の移動
  • ALE、EGF、SPHの粒子法
  • ナヴィエ-ストークスの流体(バージョン980)
  • 輻射熱の輸送(バージョン980)
  • 電磁気(バージョン980)
  • ユーザー定義インターフェイス(要素、材料、荷重など)(バージョン980)
  • 他ソフトウェアとのインターフェイス(MADYMO、USAなど)

特長

複雑な現象や大規模モデルにも対応可能

  • 大変形、弾塑性、動的接触といった線形解析プログラムでは取り扱うことのできない現象でも短時間で計算できます。
  • 時間積分に陽解法を採用しており、陰解法プログラムが不得意とする、衝突/衝撃解析、落下解析、塑性加工解析、貫通/亀裂/破壊解析といった複雑な現象にも対応できます。
  • 2次元/3次元の陽解法と3次元の陰解法を備え、幅広い解析ニーズに対応します。

トップレベルの機能を豊富に装備

  • 130種類を超える金属/非金属材料モデル、豊富な接触条件による自動処理、3次元モデルのshell要素のH-adaptive/2次元モデルのR-adaptive、流体/熱/音響との連成問題などのトップレベルの機能を豊富に装備しています。
  • 衝撃解析プログラムの先駆者であるJohn O. Hallquist博士の最新研究成果が反映されています。

世界有数の導入実績

  • 衝突/衝撃解析や塑性加工解析といった分野では、世界有数の導入実績を誇っています。
  • 世界中で多くの利用者が解析と実験の結果を比較・検証しており、極めて信頼性の高いプログラムです。

※ LS-DYNAは、Livermore Software Corporationの商標です。
その他、記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

  • 資料請求フォーム
  • 製品に関するお問い合わせ
このページの上へ