EZ電極モデリング3次元放電電極設計支援

NXEZ電極モデリング

概要・機能

EZ電極モデリングは金型作成の形彫放電加工を支援するNXのアドオンソフトです。
NXで作成した3次元製品形状を活用し、減寸を考慮した電極形状の自動作成からEPXフォーマットでの放電加工位置情報出力まで行います。

電極形状作成機能

  • NXで作成した3次元製品形状より電極形状ソリッドを自動で作成可能です。
  • 電極形状ソリッドには、電極部、スカート部、逃げ部、基準部、素材部が作成可能です。
  • 各部位(電極部、スカート部、逃げ部、基準部、素材部)と加工対象部品との干渉チェックが可能です。
  • 4種類の揺動パターンから最適なものを選択して電極形状を自動減寸させることが可能です。

放電加工位置出力機能

  • 電極形状作成機能で作成した放電電極ソリッドと金型入れ子ソリッドを元に、放電加工位置を定義します。
  • 加工情報をTXTフォーマット、およびEPXフォーマットで出力できます。
  • EPXフォーマット対応の形彫放電加工機と連携させることによって加工情報を手入力する必要がなくなります。
別途放電加工NCデータ作成システムが必要になります。
お手持ちの加工機がEPXフォーマットに対応しているかは加工機メーカにお問い合わせください。

こんな様なことはありませんか?

  • 3次元CADでワークソリッド、電極ソリッドを作成しても、形彫放電加工の際は、手入力で位置情報を入力していませんか?
  • 形彫放電加工機の操作盤に直接入力する作業で、入力ミスが発生していませんか?
  • 形彫放電位置の確認作業に時間をとられていませんか?

入力ミスの発生や段取りに時間がかかっている原因は、金型設計が3次元化されているにもかかわらず、2次元図面が情報伝達の手段となっているために、手作業で型彫放電加工機へデータを打ち込んでいることによります。

EZ電極モデリングは、電極形状を3次元データ化、放電加工情報伝達手段を電子データ化(EPXフォーマット)し、「放電加工NCデータ作成システム」と連携することによって、加工情報の手入力による入力ミスをなくし、放電加工前の準備時間の短縮を実現しました。

掲載した加工機、および放電加工NCデータシステムの画像は、株式会社牧野フライス製作所様のご提供によります。

EZ電極モデリングは、デジタルプロセス株式会社の商標です。
その他、記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

  • 資料請求フォーム
  • 製品に関するお問い合わせ
このページの上へ