ISO26262と電子製品情報一元化ソリューション

新着情報

概要

機能安全規格であるISO26262に適合した開発プロセスの構築と、車両の電子・電装系開発の中核となる「電子製品情報管理システム(EDB)」の構築を支援します。

ISO26262困りごと相談室

ISO26262に関する困りごと・悩みごとをお聞かせください。
実務経験を持つISO26262アセッサーが、適切なアドバイスを行います。

DIPROにはISO26262のアセス資格認定試験の合格者2名を含めOEMの電動電制システムの開発経験者、ISO26262実務適用経験者が多数在籍していますので、OEM様サプライヤ様のご要望の把握から実務レベルの対応方策の提案まで、幅広くサポートさせていただくことが可能です。
ISO26262に関する社員教育から実プロジェクトの開発支援まで、ISO26262についてお困りごとお悩みごとをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談下さい。

メールフォームからのご相談

お電話でのご相談

TEL:046-225-3924

ISO26262業務適用サービス

自動車OEMおよびサプライヤで電子系設計実務の経験があり、かつISO26262のアセッサー資格をもつ当社の担当者が次の2つの支援を行います。

ISO26262導入のご支援

機能安全規格の教育/研修の実施

例)

  • 全体概要教育/研修
    経営層向け、ご担当者層向けがあります。
  • 各Part別専門教育/研修
成果物(Work Products)のFit/Gap分析
  • 弊社がご提供するWPのチェックリストに貴社でのWPの定義、対応方策等を埋めて分析します。
要件/規格への適合性分析
  • 弊社がご提供するISO要求事項のチェックリストに貴社での適合性と状況、対応方策等を 埋めて分析します。

ISO26262導入後の業務プロセス定着化ご支援

ISO導入後、プロセス定着化にお悩みの企業様向けに、以下の例のような業務プロセスの定着の為のご支援をします。

例)

  • 各種業務処理要領書、設計マニュアル、妥当性検証基準、テスト仕様、等々の インフラ整備のご支援。
  • ISO対応に必要なドキュメント類(Safety Plan, DIA, サプライヤ選定基準、等々)の策定のご支援。

電子製品情報管理システム(EDB)の構築サービス

増大する組込みソフトウェアと複雑化する電子部品に対応して製品全体の品質を保証するためには、体系的に整備され、トレーサビリティ機能をもつ「電子製品情報管理システム(EDB)」を構築して、電子製品情報を一元的に管理するのが必須です。当社では業務分析から構築、運用に至る一連のプロセスを下図のように支援します。

電子製品情報管理システム(EDB)の構築サービス

事例(実績)

ISO26262業務適用サービスの実績

  • 自動車OEM様
  • 乗用車系ECU(Electronic Control Unit)開発・製造
    - Tier1, Tier2サプライヤ様(ECU開発・製造)
    - マイコン製造メーカ様
  • 商用車 Tier1サプライヤ様(ECU開発・製造)

電子製品情報管理システム(EDB)の構築実績

  • 自動車OEM様における、ISO26262対応トレーサビリティシステムの構築
    (業務分析~業務要件定義~外部設計)
  • 自動車OEM様における、電子製品情報管理システム構築
    (業務分析~業務要件定義~開発~運用支援)

記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

  • 資料請求フォーム
  • 製品に関するお問い合わせ
このページの上へ