DIPRO タイトル

2010年7月号

iCAD特集 ~世界初“100万部品0.2秒の世界”~


(  1   2   3  )

iCAD V7のご紹介

機械装置向け3次元CADシステムiCADの最新バージョンV7を2010年末にリリースいたします。リリースに先駆け、新バージョンの概要と特長をご紹介させていただきます。

iCAD V7では、従来より高速処理を可能としていたCADカーネルをさらに高速化させることにより、世界で初めて100万点もの部品をわずか0.2秒で超高速に処理することを実現しました。また、機械装置設計を支援する機能にも大幅な開発・改良を施し、機械設計の成熟化プロセスを今まで以上に強力にご支援いたします。

これにより、メカ設計の構想設計段階から使用できるだけでなく、メカ設計と同一システムでエレキ・制御設計が可能になります。また、同一システムで設計を行うことで設計情報を一元化し、その設計情報を製造部門が活用することにより、製造時に実機依存になっている検証作業を設計確定前に行うことが可能です。


1. データ量の制約を解放したCADカーネル

機械装置は部品点数が非常に多いため、一般の3次元CADでは数万部品の取り扱いが限界です。iCAD V7では、100万部品もの超大規模データでも0.2秒の高速処理が可能になり、装置全体、複数装置間を連携させる設計などが制約なしに可能になります。

2. メカ・エレキ・制御の融合設計環境
(1)構想段階から活用できる設計検討機能

設計検討機能を大幅に強化し、機械装置全体でのタクト検討や配線・配管ルートの検討をCAD上で行うことが可能です。また、応力や振動による剛性・強度検討も計算可能です。別ソフトへのデータ変換など煩わしい作業を必要とせず、すぐに設計検討をすることができます。

(2)メカの配線情報と連携する回路設計機能

回路設計機能を新たに開発し、従来メカ設計と別々の環境で行っていたエレキ設計を、メカ設計と同一環境で行うことが可能です。一元化されたメカ・エレキの設計データで連携を図ることで配線の自動接続や接続先チェックを行い、配線の実装漏れや誤接続を未然に防止することができます。

(3)設計データを活用する制御ソフト連携機能

制御ソフトとの連携機能を新たに開発し、CADデータを直接活用して制御設計とメカ設計を同時並行で行うことが可能です。メカやエレキ設計で定義した機構や回路情報を活用できるため、制御ソフトに必要な定義を最小限の手間で行えます。試作前に素早くデジタルデータでの動作検証が実施できるため、実機検証期間を大幅に短縮できます。

3. 製造部門が事前検討するデジタル立会い

従来、大規模な装置では3次元データを用いたデザインレビューが不可能で、設計と製造の担当者が、実機による立会い検証を行っていました。iCAD V7では、設計が最終確定する前に、製造部門が3次元データを用いて立会い検証を行い、製造時に検出される不具合を事前検証する「デジタル立会い」を実現します。各設計部門で一元化された機械装置全体の3次元データを設計・製造部門で活用することで、開発のリードタイム短縮に貢献します。

4. 機械設計の成熟化プロセスを強力にご支援
(1)設計者の思考を支援する直感的操作性

「見ればわかる」「やればわかる」「触れば分かる」など、設計者の感覚をより追求しました。これにより、少ない手数で設計者の思考に沿った直感的な操作をすることが可能になります。

(2)試行錯誤を支援する構造計算機能

構想設計段階での素早い構造検討に応えるため、難しい定義が不要な構造計算機能を開発しました。これにより、従来電卓で計算していた煩わしい作業をより簡単に何度でも行い、構造検討を行うことが可能です。

この他にも約300以上の機能を新たに開発いたしました。今まで以上に使いやすく直感的な使い勝手を実現しております。

iCAD V7に関するご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次頁へつづく

ページのトップへ