DIPRO タイトル

2008年4月号

活きた「モノづくり研修」“DIPRO Paper Bicycle Project”


(  1   2   3   4  )

DIPRO Paper Bicycle Projectモノづくり講座

自ら考え、からだを動かし“モノづくり”を体験する

CAD/CAM/CAEやPLM・BOMなどのシステム開発や各種技術サービスにおける弊社の強みは、単なるITツールや技術の提供ではなく、モノづくりの現場を熟知し、実際の業務に役立つITツールや技術の提供にあると考えています。

弊社では、モノづくりの大変さとつくる喜びを体験し、自分達の業務を創成型・提案型に変革させていけるようにと、昨年度広島大学のご協力をいただき、「DIPRO Paper Bicycle Projectモノづくり講座」を立ち上げました。DIPROニュース 2007年3月号でご紹介)

昨年度の課長層のトライアル結果を通じて、この教育がモノづくりに関する「共感力」を高めると共に、問題発見・解決能力や創成能力の育成に有効であることが実証されましたので、今年度は、内容をブラッシュアップし、一般社員対象に10月から5ヶ月にわたり、講座を実施しました。

この講座は、自主活動という位置づけでプロジェクト型教育プログラムとして行われるため、忙しい日常業務をやりくりしつつ積極的に参加しようという社員を全社から募集し、4チーム12名の精鋭で取り組みました。

このプロジェクトは、紙を材料として人が乗って走れる自転車を、3名編成のチームにより自分たちでコンセプト立案・設計から製作まで一貫して行い、最終的に競技会でスピードや耐久性を競うものです。評価は単に作って走るだけでなく、設計や製作の過程や内容も加えて行われます。

講座は、5つのフェーズから構成されており、教育効果と日常業務との両立を考慮して、図1のような日程で行われました。

この講座では、単に設計・製作するだけでなく「コンセプト立案」・「構造設計」・「まとめ」終了時に各チームにプレゼンテーションの機会が設けられ、独創性、技術力などを力学的・理論的に立証し、優位性をアピールする場となっています。

図1.講座全体の日程 / プレゼンテーションの様子

高度な技術課題に挑戦したコンセプトフェーズ

昨年の車両重量・直線レースに加え、今回は“曲がる・止まる”、2輪車、高度な駆動方式といった難度の高いテーマに挑戦した場合に加点するレギュレーションを設け、各チーム共果敢に挑戦し、それぞれ独自のコンセプトを打ち出しました。

コンセプトフェーズでの感想

  • レギュレーションに対して構造・機能やQCDなどの開発目標を設定し、モノを創造することの難しさ、各自の企画案を集約してコンセプトにまとめる際の協調性が重要であることを痛感した。(名古屋事業所 後藤)
次頁へつづく

ページのトップへ