新春デジタルプロセスセミナー in Nagoya 2018

新春デジタルプロセスセミナーin Nagoya 2018

ご挨拶

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。また、平素より格別のご愛顧、ご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

恒例の弊社名古屋事業所主催の『新春デジタルプロセスセミナー』を開催させて頂きます。2018年の新春を寿ぎ、弊社の新たな年への決意を皆様にお伝えすべくご案内させて頂きます。

さて、独Industry4.0や米IICなどの「第四次産業革命」の大波は、破壊的なイノベーションをまき起こし、その影響としてビジネスモデル、さらには産業システムなどを激しく変化させる動きが、あらゆる産業において現れ始めています。これは、IoT、ビッグデータの利活用、人工知能の進化をはじめとする技術革新により、今まで不可能であったことが可能となったことによるものです。

一方で自動車産業における自動運転技術の急速な進歩に伴う実用化への期待に対し、安全に関する新たな法整備が必要になってきていることに代表される、新技術と安全の両立は革新的な新技術を実用レベルに引き上げるために避けては通れない大きな課題となっています。

本セミナーでは技術革新による破壊的イノベーションの中を勝ち抜くために日々努力されている製造業の皆様に、これからのモノづくりに求められる生産と品質について考えて頂くためのヒントとなる情報をご提供したいと考えております。本セミナーが皆様のこれからの取り組みの一助となれば幸いでございます。皆様方におかれましては、新春にてご多用の時期とは存じますが、楽しく元気が出るイベントとして準備いたしておりますので、是非とも万障お繰り合わせの上、ご来臨賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

敬具
デジタルプロセス株式会社
執行役員 名古屋事業所長 前田 寛

開催日時・会場

日時 2018年 1月 19日(金)
受付開始:10:40 ~
メインセミナー開始:13:00~
会場 ヒルトン名古屋 5F 金扇の間
所在地 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-3-3
TEL: 052-212-1111
アクセス 名古屋市営地下鉄 東山線・鶴舞線「伏見駅」7番出口から西へ徒歩3分
会場までのアクセス
参加費 無料【事前予約制】
定員 350名
主催 デジタルプロセス株式会社

スケジュール

受付開始 10:40 ~ 5Fフロア
ソリューション展示会 11:10 ~ 5F銀扇の間
メインセミナー 13:00 ~ 17:45 5F金扇の間
懇親会 18:00 ~ 28FOne O Five

メインセミナー

10:40 ~ 受付開始
13:00 ~ 13:05

講演/展示のご案内(セミナー事務局)

13:05 ~ 14:25

基調講演

人工知能の可能性~自動運転車からロボットの感情まで~

  • 国立大学法人電気通信大学大学院
  • 情報理工学研究科情報学専攻/人工知能先端研究センター 教授
  • 坂本 真樹 様

人工知能がわたしたち人間社会の中に着実に増えてきています。
講演では、人工知能がもつ強みや弱点、人工知能の可能性について解説して頂きます。また製造業において、今進められているプロジェクトを紹介し、自動運転やロボットなど、実例を挙げながらAI の活用事例についてお話し頂きます。

14:25 ~ 15:05

休憩・デモ展示

15:05 ~ 16:05

事例講演

医療機器業界におけるPLM システム構築の取り組み
~規制要件をクリアするための業務プロセスとシステム~

  • シスメックス株式会社
  • 技術情報部 開発情報課長
  • 生駒 晴哉 様

検体検査領域における血球計数検査において、世界トップのシェアを持つ医療機器・試薬メーカーであるシスメックス株式会社様では、FDA を代表とする各国の法規制に対応した業務プロセスやシステムを構築されています。シスメックス様における製品の品質・安全に関する重要性や、各国の法規制に対応する仕組みをどのように構築されたか、技術情報公開システム構築等、具体的に実施したアクション、事例をご紹介頂きます。

16:05 ~ 16:35

休憩・デモ展示

16:35 ~ 17:35

特別講演

デンソーのモノづくり革新
~ダントツ工場の実現に向けた金型づくり~

  • 株式会社デンソー
  • 部品エンジニアリング部
  • 型技術室長 型グローバル生管室長(兼)資材調達部 担当部長
  • 工学博士・技術士(機械)
  • 杉山 聡 様

デンソー様は創業以来、モノづくりをコアコンピタンスの一つとして成長してこられました。そのモノづくりの中心には「人」がおり、金型づくりにおいても「人」による知恵を活かし、受け継いでいく事で製品づくりを支えてこられました。また、デンソー様では、早くから金型づくりに3D モデルを活用し、より「人の知恵」を出しやすくして、より高いレベルの金型づくりを目指されています。本講演では、その取組の考え方と概要をご紹介頂きます。

17:35 ~ 17:45

全体質疑

18:00 ~

懇親会(会場:28F One O Five)

同時開催イベント 「ソリューション展示会」

モノづくりに求められる生産と品質、ノウハウの有効活用をテーマとしたショートセミナーと、3Dを活用した 品質の作りこみを強力に支援する弊社製品の展示会を開催いたします。是非、この機会にご参加ください。

10:40 ~ 受付開始
ショートセミナー
11:10 ~ 11:25

機械装置の開発に求められる3次元CADとは

seminar01

「iCAD SX」は機械装置に特化した世界最速の3次元CADです。100万部品の大規模な3次元データを0.2秒で処理できる超高性能CADエンジンを搭載。これにより、大規模装置やライン全体での設計検証を行うことが可能です。本講演では、「iCAD SX」が実現する3次元設計環境について、実機によるデモンストレーションを交えてご紹介致します。

11:25 ~ 11:40

AIを活用した技術情報管理ソリューション

seminar02

製造業の現場ではグローバル化、製品や設備の高度化・複雑化が進み、企業内に蓄積されたノウハウのさらなる有効活用が求められています。しかしながら、膨大なデータの中から必要な情報のみを抽出することは容易ではなく、このような課題を解決する技術として、近年、人工知能(AI)への期待が高まってきております。本講演では、形状をキーに必要な過去の技術情報を参照するAI活用ソリューションをご紹介致します。

11:40 ~ 11:55

IATF16949規格から考える品質情報管理

seminar02

製品が「メカ・エレキ・ソフト」の複雑な組合せで構成されている今、より高度な品質の作り込みが重要となっております。そのためには品質計画の立案とそのプロセスに沿ったものづくりを「個」でなく「組織」で対応することが不可欠となります。本講演では、品質管理システム規格である従来のISO/TS16949に更なる要求が盛り込まれたIATF16949を例に取り上げ、品質情報管理の仕組みについてご紹介致します。

ソリューション展示
11:10 ~
  • 設計検討
  • ・Simcenter 3D・Jupiter Designer for iCAD・DIPRO VridgeR
  • 生産検討
  • ・Tecnomatix・Teamcenter Manufacturing・VPS MFG・VPS GP4
  • CAD
  • ・NX・iCAD SX
  • データ管理
  • ・Teamcenter・Aras Innovator・DPlus/BOM
※ 内容・時間に変更が生じる場合がございますが、ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

新春デジタルプロセスセミナー in Nagoya 2018に関するお問い合わせ

デジタルプロセス株式会社 新春セミナー事務局
TEL: 052-239-1606
E-Mail : nagoya-seminar@dipro.co.jp
このページの上へ