社長メッセージ

活動のベースはお客さまの現場、信頼されるパートナーを目指します。

弊社は、お客さまのものづくりプロセスのデジタル化を支えるエンジニアリングITのソリューションプロバイダーです。
1987年に日産自動車の技術IT分野を担う関係会社として創業した後、2000年に富士通グループに加わり、活動の幅を拡げつつ、おかげさまで2017年2月には創業30周年を迎えました。

このような経緯から、私たちはものづくりの知識と実務経験をもつメカ・エレキ・制御などのエンジニアと、ものづくりに必要なITを開発し最適に活用するシステムエンジニアからなる多様な専門集団となっており、それを強みとしています。当社が目指すのは、経営理念である「ものづくりとITの融合」、「日本発ソフトウェアの発信」、「結果責任を負う気概」の実現です。

今日、製造業のデジタル革命とグローバリゼーションは更に加速すると言われています。この動きの中で、ものづくりの価値観や必要とされる技術も大きく変化しつつあります。このような変化の時期を好機と捉え、既存技術に磨きをかけソリューションを深化させると共に、新たな技術開発や導入に挑戦しソリューションを進化させていきたいと思います。そうした活動を通じて、当社が取り組んできた「ものづくりのデジタルプロセス化」を加速し、お客さまの更なる企業価値創出をご支援できるように尽力してまいります。

私たちの活動のベースは、常に変わらずお客さまのものづくりの現場にあります。
今後も、お客さまの現場の思いとニーズを肌身で理解することができ、ご一緒に悩みながら課題解決にチャンレンジするパートナーでありたいと思います。お客さまと課題を共有しアイデアを出しあいながら、最適な方策をご提供することで、信頼されるソリューションプロバイダーを目指してまいります。
そして、このような活動がものづくりの発展の一助となり、結果として社会全体への貢献につながればと考えております。

今後とも、弊社へのご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

デジタルプロセス株式会社
代表取締役社長 柳沼 浩嗣

このページの上へ