環境活動への取り組み

2014年度

当社では、地球温暖化対策としてCO2削減に向けたチャレンジ25キャンペーンに参加し、積極的に省エネ活動を促進しております。

  • クールビズ/ウォームビズ対応
    室温を冷房時は28℃/暖房時は20℃に設定。扇風機の導入
  • 階段利用の促進。2UP/3DOWNは階段で移動
  • PCの省エネモードの設定

また、森林保護のためペーパーレスを推進しております。

  • 会議配布資料をデータ化
  • データの共有化を図り、各自の保管資料を削減
  • 両面印刷、集約印刷の徹底

活動事例

清掃活動

環境社会貢献活動の一環として、弊社では、厚木市役所が主催する「相模川クリーンキャンペーン」と名古屋の下園公園周辺の清掃活動に参加しています。

2014年5月18日(日) 第44回相模川クリーンキャンペーン
2013年5月26日(日) 第43回相模川クリーンキャンペーン
神奈川県のほぼ中央を流れる一級河川「相模川」をきれいにしようと5月18日、流域の6市町村(相模原市、厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村)合同のクリーンキャンペーンが厚木市で実施されました。
会場となった相模川・中津川・小鮎川の三川合流点と旭町スポーツ広場近くのには、市民ら約3000人が集まった中、DIPROからは9人が参加し 早朝からごみ拾いに汗を流しました。
本イベントにここ数年参加している参加者からはゴミの量は年々着実に減っているのでこれからもきれいな川を維持して行けるよう環境に対する高まった意識を一人一人が持続していくことが大事だと話しました。
2014年10月8日(水) 下園公園周辺および19号線沿い
この度、名古屋事業所では2014年度環境活動の一環としてアーバンネット伏見ビル近隣の下園公園周辺の清掃に49名で参加致しましたのでご報告致します。
秋晴れの心地よい季節のなかでの清掃活動となりました。例年同様、今年も朝9時より各自ゴミ袋に火バサミ、軍手を準備して清掃を行いました。
数年前には20名程の参加でしたが今年は50名近い参加者となり、環境活動への関心が高まっている事を実感致しました。
下園公園内およびその周辺では定期的な清掃活動の結果、昨年に続き大きなゴミはあまり見受けられませんでした。ですが煙草の吸殻や空き缶など小さなゴミを見つけてはゴミ袋に回収し、最終的にはゴミ袋数袋分にもおよぶ量となりました。年1度の清掃にとどまらず、常日頃から環境活動への意識を持ち続けていきたいと考えています。
名古屋事業所は今後も、環境活動を継続し、積極的に環境保全に努めて参ります。
2014年10月8日(水) 下園公園周辺および19号線沿い
2014年10月8日(水) 下園公園周辺および19号線沿い

エコキャップ回収活動

栄子キャップの回収活動

ワクチン37人分のエコキャップを回収し、寄付いたしました。

紙のリサイクル活動

一般古紙そして機密抹消後の重要文書を売却することにより、紙のリサイクル活動を実施
二酸化炭素排出抑制量 : 2,626Kg
森林伐採抑制量 : 161本
(森林伐採抑制量:事業系用紙45Kgで一本(直径14cm、高さ8m)にて算出)

古紙回収用ポスター
古紙回収用ポスター
回収した古紙
回収した古紙

生物多様性保全活動

図 1 関節自動組み立て
使用済み切手及びプリペイドカード

生物多用性保全活動の一環として、財団法人 緑の地球防衛基金の使用済み切手やプリペイドカードを回収する活動に参加し、中国、タンザニアでの植林活動のための苗木に5本分を寄付いたしました。

このページの上へ