環境活動

富士通グループ環境方針

理念

富士通グループは、地球環境保全への取り組みが重要な経営課題であると認識し、ICT企業としてその持てるテクノロジーと創造力を活かし、社会の持続可能な発展に貢献します。また、事業活動にかかわる環境法や環境上の規範を遵守するにとどまらず、自主的な地球環境保全活動に努めます。さらに、豊かな自然を次の世代に残すことができるよう、すべての組織と一人ひとりの行動により先行した取り組みを継続して追求していきます。

行動指針

  • 優れたテクノロジー、ICTプロダクト、ソリューションによる総合的なサービスの提供を通じ、お客様や社会の環境負荷低減と環境効率の向上に貢献します。
  • 環境と経済の両立に貢献するビジネスを積極的に推進します。
  • ICTプロダクトおよびソリューションのライフサイクルのすべてにおいて環境負荷を低減します。
  • 省エネルギー、省資源および3R(リデュース、リユース、リサイクル)を強化したトップランナー製品を創出します。
  • 化学物質や廃棄物などによる自然環境の汚染と健康被害につながる環境リスクを予防します。
  • 環境に関する事業活動、ICTプロダクトおよびソリューションについての情報を開示し、それに対するフィードバックにより自らを認識し、これを環境活動の改善に活かします。
  • 社員一人ひとりは、それぞれの業務や市民としての立場を通じて気候変動対策や生物多様性保全を始めとした地球環境保全に貢献し、さらに広く社会へ普及啓発を図ります。

当社の環境スローガン

理念

デジタルプロセス株式会社は、私たちの子孫と総ての生き物に蒼い空と碧い海、そしてみどりの大地をのこすため、ITとモノづくりの融合をめざすあらゆる企業活動を通じて、四つのR(リフュース、リデュース、リユース、リサイクル)に取り組みます。

行動指針

  • お客様のモノづくりプロセスをデジタル化することで、余分なものは一切作らない(リフュース)、プロセスの実現を目指し、環境と調和した社会の発展に貢献します。
  • オフィスでの日々の仕事の中で、環境保全と環境負荷低減を徹底するため、廃棄物の削減と、 省エネ(リデュース)に取り組みます。また、グリーン購買(環境に配慮した用品、サービス)と グリーン使用(用品のリユースとリサイクル)に努めます。
  • 環境に関する事業活動、ICTプロダクトおよびソリューションについての情報を開示し、それに対するフィードバックにより自らを認識し、これを環境活動の改善に活かします。
  • 社員一人一人が自然や動植物に関心を高め、企業市民としての環境改善活動を促進するため 社員の環境意識教育を行い、地域の美化はイベント、ボランティア活動に参加します。

2015年度 環境活動への取り組み過去の過去の環境活動

当社では、地球温暖化対策としてCO2削減に向けたチャレンジ25キャンペーンに参加し、積極的に省エネ活動を促進しております。

  • クールビズ/ウォームビズ対応
    室温を冷房時は28℃/暖房時は20℃に設定。扇風機の導入
  • 階段利用の促進。2UP/3DOWNは階段で移動
  • PCの省エネモードの設定

また、森林保護のためペーパーレスを推進しております。

  • 会議配布資料をデータ化
  • データの共有化を図り、各自の保管資料を削減
  • 両面印刷、集約印刷の徹底

活動事例

清掃活動

環境社会貢献活動の一環として、弊社では、各拠点別に本社は厚木市役所が主催する「相模川クリーンキャンペーン」に名古屋事業所は下園公園周辺の清掃活動、そして15年度からは新たに新宿区が主催する新宿駅西口周辺の清掃活動に参加しています。

2015年5月17日(日) 第45回相模川クリーンキャンペーン
2015年5月17日(日) 第45回相模川クリーンキャンペーン
「相模川クリーンキャンペーン」は、神奈川県のほぼ中央を流れる相模川流域の県央6市町村により、良好な河川環境を未来へと引き継ぐため連携・協議している「県央相模川サミット」の事業の一環として開催されています。 今年は5月17日、合同のクリーンキャンペーンが厚木市で実施されました。 会場となった相模川・中津川・小鮎川の三川合流点と旭町スポーツ広場近くに、DIPROから5人が参加し、早朝からごみ拾いに汗を流しました。
帰り道、ゴミを探すのが難しいくらいきれいになった河川敷で、参加者達は「これからも維持して行こうとする意識を、一人一人が持続していくことが大事だ」と話し合っていました。
2015年10月14日(水) 下園公園周辺および19号線沿い
この度、名古屋事業所では2015年度環境活動の一環としてアーバンネット伏見ビル近隣の下園公園周辺の清掃に48名で参加致しましたのでご報告致します。
秋晴れの心地よい季節のなかでの清掃活動となりました。例年同様、今年も朝9時より各自ゴミ袋に火バサミ、軍手を準備して清掃を行いました。
業務繁忙期ではありましたが、社員ひとりひとりが環境活動に一層の関心をもちながら活動に参加することができました。
下園公園内およびその周辺では定期的な清掃活動の結果、この数年大きなゴミは あまり見受けられません。
ですが煙草の吸殻や空き缶など小さなゴミがかなりの量散乱しておりました。全員で集めたごみの量は例年より少なくなってはいますが、ごみの数はまだまだ多いと感じています。年1度の清掃にとどまらず、常日頃から環境活動への意識を持ち続けていきたいと考えています。
名古屋事業所は今後も、環境活動を継続し、積極的に環境保全に努めて参ります。
2015年10月14日(水) 下園公園周辺および19号線沿い
2015年10月14日(水) 下園公園周辺および19号線沿い
2015年10月15日(木) ポイ捨て防止・路上喫煙禁止キャンペーン(新宿駅西口周辺)
新宿オフィスでは2015年度環境活動の一環として、新宿区が主催する清掃運動(ポイ捨て防止・路上喫煙禁止キャンペーン)に16名で参加し、新宿駅西口周辺の広い範囲で、人の往来が激しいなか、路上のゴミ拾いを行いました。
14時30分開始ということもあり、10月中旬とは言え少し汗ばむ陽気でした。区よりひとりひとりに、ゴミ袋、軍手、トング、服が汚れないためのゼッケンが貸与されるなど、身軽にのぞめる状況であったため、初めての参加ながらスムーズに活動することができました。
新宿駅周辺は日頃から清掃が行き届いているからか、一見するとゴミがほとんど見当たらないという印象でしたが、いざ意識的に探し始めると、壊れたビニール傘、新聞紙の束など、目に入らなかったのが不思議なくらいの大きなゴミもありました。さらに目を凝らすと、排水溝のふた(金属製の網)や植え込みには沢山の吸い殻や吐き捨てられたガム、また、飲食店を中心とした店舗がひしめき合う地域だけに、生鮮食品の腐敗物、薬局付近では錠剤のプラスチック容器や栄養ドリンクのビンなどがすぐに目につきました。結果、各自がレジ袋いっぱいのゴミを回収するに至りました。予想外のゴミの多さにほとんどの参加者が驚きの声をあげ、それぞれが環境に対し意識を高めていく手ごたえを感じました。また、行き交う人たちに、自分たちの街は自分たちでキレイにする姿を見てもらうことで、ポイ捨て防止の一助になったのではと思っています。
普段から環境に高い意識を持ち続け、今後も、積極的に地域に貢献する活動に参加していきたいと思います。
2015年10月15日(木) ポイ捨て防止・路上喫煙禁止キャンペーン(新宿駅西口周辺)
2015年10月15日(木) ポイ捨て防止・路上喫煙禁止キャンペーン(新宿駅西口周辺)

エコキャップ回収活動

栄子キャップの回収活動

ワクチン37人分のエコキャップを回収し、寄付いたしました。

紙のリサイクル活動

一般古紙そして機密抹消後の重要文書を売却することにより、紙のリサイクル活動を実施
二酸化炭素排出抑制量 : 6,218Kg
森林伐採抑制量 : 348本
(森林伐採抑制量:事業系用紙45Kgで一本(直径14cm、高さ8m)にて算出)

古紙回収用ポスター
古紙回収用ポスター
回収した古紙
回収した古紙

生物多様性保全活動

図 1 関節自動組み立て
使用済み切手及びプリペイドカード

生物多用性保全活動の一環として、財団法人 緑の地球防衛基金の使用済み切手やプリペイドカードを回収する活動に参加し、中国、タンザニアでの植林活動のための苗木に3本分を寄付いたしました。

また、15年度からは古着のリユース・リサイクル業を運営する株式会社Kurokawaを通じ、衣類のリユース・リサイクルとNPO法人テラ・ルネッサンスの支援をするプロジェクトに参加しております。家庭で眠っている衣料・クツ・カバン・服飾雑貨をフクサポへ送ることで、その衣料が寄付金となり、テラ・ルネッサンスの支援活動に役立てられます。またその衣料を貴重な資源ととらえ、国や地域を越えて有効利用する活動です。15年度は2回に渡り、全4箱を寄付できました。

衣類1箱でできること

・カンボジア
1㎡の土地の地雷除去
・ラオス
1㎡の土地の不発弾撤去
・ウガンダ
元子供兵社会復帰支援センターでの給食2食分
このページの上へ