沿革

設立の経緯

私たちデジタルプロセス株式会社の歴史は、日産グループの開発・製造分野のデジタル化推進を目的とした、株式会社日産システム開発の設立から始まります。

2000年に富士通グループ入りし、現在では富士通グループPLM事業の中核会社として、自動車、航空機、鉄道車両といった輸送用機器業界はもちろんのこと、電気・精密業界、機械・プラント、医療機器など幅広い業界の企業に対し、自動車産業で培った「ものづくりの知識・経験」と富士通の持つ「IT技術」を融合させた本物のITソリューション・サービスを提供し続けています。

1987年
日産自動車のCAD/CAM/CAE/DBの開発・サポート会社として日産システム開発を設立
日産自動車サプライヤ向けに「αCAD-Ⅱ」を提供開始
1991年
日産自動車のスタイリングCAD/CAMの開発・サポート会社として日産AR テクノロジー設立
1997年
日産システム開発と日産ARテクノロジーとの合併により、日産デジタルプロセス株式会社設立 米国SDRC社※1の3次元設計ソフトウェア I-deasシリーズを自動車開発向けに進化させた「DIPRO MASTER」の提供開始
1999年
デンタル事業室設立、自動車産業で培った各種技術を歯科分野に応用した世界初の全自動歯科用CAD/CAMシステムを開発、翌年メディア社より提供開始
2000年
富士通が全株式を取得、デジタルプロセス株式会社設立
2001年
富士通のUnigraphics(現NX)、ICAD等の自動車・機械系CAD事業を統合、提供開始大規模データのDMDRを可能にした自社開発ビューワ、「DIPRO VridgeR」提供開始
2003年
名古屋事業所開設
2005年
新宿オフィス開設
2007年
大阪オフィス開設
2008年
VPSをはじめ、富士通の全CAD/PLMパッケージ事業を統合
2010年
iCAD株式会社設立 豊田オフィス開設
2013年
迪普勒(北京)信息技术有限公司設立デンタル事業室より自社ブランドによる、高速/高精度の3Dスキャナー「DORA」、世界最速のワックス加工機「WAXY」の提供を開始
2014年
新世代の自動車開発向け自社開発ビューワ、新SPACE VISION提供開始
2015年
大宮オフィス開設

※1 Structural Dynamics Research Corporation。現 シーメンス株式会社

このページの上へ